しまちゃんの My HOBBY ROOM
p
ヤブ山登山
青木ヶ原樹海 雪山登山・山スキー ハイキング・一般登山 沢登り
p
ヤブ山登山の部屋
HOME 99
点字
手作り健康食品
サイクリングロード
情報モラルクイズ
探検
以下の地図は国土地理院長の承認を得て、同院発行の5万分の1地形図および2万5千分の1地形図を複製したものである。(承認番号 平18総複、 第27号)

宿堂坊山(栃木県 日光:1968M)

奥日光連山 未開の山

日光中禅寺湖の西方には、白根山(2578M)を最高峰に錫ガ岳(2388M)皇海山(2144M)などの山が連なる。宿堂坊山もそのひとつであるが、足を踏み入れる人は少なく、未開の山である。
柳沢林道は崩壊が激しく各地で寸断されているが、注意していけば大丈夫である。林道から分かれ、山頂へのとりつき地点から 枝尾根をはずさずに行けば山頂に向かう。ヤブこぎは、ルートファインディングをしっかりすれば、さほどの苦労はない。中頃からは、尾根東側のほうが、西側より進みやすい。山頂近くになると、樹林帯からササ藪に変わり、周囲も思ったよりも明るくゆったりする。白錫尾根は深く暗いが、尾根筋をはずさなければ何とかなる。今回は、山頂南下後、沢沿いを下ったが、途中急斜面を高巻く所もあり危険なのでお薦めしない。山頂東側の支稜を下るルート(黄緑の線)が無難である。
山頂 手作りのプレートつけました。 山頂 石標 下りルートの沢1 下りルートの沢2
山行データ
無雪期 単独行
冬山装備 ツェルト シュラフ
10月28日
千手が原駐車場 6:00
柳沢林道とりつき 7:00
山頂 9:20〜10:30
白錫尾根分岐 11:10
沢合流点 12:40
駐車場 13:50

西ノ湖

千本ガ原
雨巻山(栃木県 常陸:533M)

現在は登山道も整備されいるが・・・

常陸の低山で人気のハイキングコースにもなっているが、昔は大川戸からの登山道が廃道、整備されていなかった山である。大川戸からの林道は、当時は先細りして沢を詰めることになる。(現在ではボランティアによる整備が進んでいる)
この沢は途中までは快適であるが、途中でヤブ沢になる。ヤブ沢を避け、支尾根に上るが、人工林で下草も少なく快適である。ほどなく主尾根の道に出られ、そこから15分ほどで山頂に到着。山頂からは尾根を北上して西側に下るべき所を、誤って東側のヤブを下り、中深沢に出てしまう。気を取り直して尾根道まで戻り沢筋に下る。

山行データ
無雪期 単独行
日帰り装備 
8月18日
大川戸 9:30
山頂 11:30
中深沢 14:40
尾根道 15:40
大川戸 16:40

2万5千分1地形図名:中飯

雨巻山
兜岳・鎧岳(三重県 室生山系 :920M 893M)

迫力満点の岩壁

兜岳・鎧岳は、三重県室生山系の山々である。鎧岳の急な岩壁は、迫力満点でまさに鎧のごとくである。林道 清水線からの登山道は、ややわかりづらいが杉林の下を登る気持ちよい道である。清水岳から峰坂峠に至るルートは、前半ヤブの中をかき分けて進む。山頂からは、高見山、国見山・明神岳の山々を眺める。兜岳山頂をあとにして再び峰坂峠に戻り、今度は鎧岳に登る。山頂からは曽爾高原・倶留尊山 ・古光山・学能堂・修験業山などの山々への展望が開ける。秋は紅葉がとても美しく、赤目四十八滝や香落渓にも近い。
兜岳 兜岳 山頂 東側展望 倶留尊山 ・古光山・学能堂・修験業山 かやぶき屋根の民家
山行データ
無雪期  11月 単独行
日帰り装備 
新宅本店 9:00
清水岳 10:00
峰坂峠 11:00
兜岳 12:00
鎧岳 12:30
新宅本店 13:30

迫力満点の鎧岳