情報モラルクイズ子ども版 ちょさくけん編     

ブラウザはIEのみ対応  100 点満点 ( 合格点 70 点 )  残り時間   


テストを開始するには [テスト開始]ボタンを押してください。赤字で書かれている部分に注意して考えよう
問 1 「著作権(ちょさくけん)」とは作品を作った人が、「自分の作品を勝手にマネされたり 使われたりしないため」の「けんり」である。
はい
いいえ
問 2 著作権の対象になるのは文章だけで、絵やビデオには著作権は発生しない。
はい
いいえ
問 3 「小学1年生が自分で考えて作ったキャラクターの絵」は、こどもが作ったものだから「著作権」はない。
はい
いいえ
問 4 授業中、国語の時間に子どもが作った「詩」の著作権は、指導した先生が持つ。
はい
いいえ
問 5 歌の著作権は「作詞者(歌のことばを考えた人)」と「作曲者(メロディーを考えた人)」それぞれが持つ
はい
いいえ
問 6 著作権は、作った人の作品を守るための権利なので、ずっと保障される。著作権の期限が切れることはない。
はい
いいえ
問 7 ドラえもんのイラストをマネして描いて、自分ひとりで楽しんだ。この場合、人の作品を勝手にマネしたので、著作権の いはんになる。
はい
いいえ
問 8 ドラえもんのイラストを手書きで描いて、ホームページに入れました。この場合手書きなので、著作権のいはんには ならない。
はい
いいえ
問 9 「地図」は考えたり工夫して作ったものでなく、調べて作ったものなので、著作権が発生しない
はい
いいえ
問 10 ドラえもんのイラストの頭の部分に かみの毛を加えて 「モラえもん」という名前のキャラクターを自分で作った。そして「もらえもん」まんが新聞というのを作りみんなに見せた。この場合、著作権にいはんしていない。
はい
いいえ

お疲れ様でした。「採点」ボタンを押して採点してください。


結果: